それを共有すると言うことの意味2007/10/01 18:01

今日から日大の授業開始です。

課題の説明をしてから、それなりの時間をかけて
一人一人の自己紹介をしてもらいます。
設計をすると言うことは「自分自身と向き合う」こと
それをカタチに出来るか...
1月中旬まで2つの建築を構想する中で、それを探っていくことになります。

この土日は富士スピードウェイにF1を観に行っていました。
中継を見始めてはや20年ぐらい。実ははじめての本戦観戦。
そして、色々と報じられていますが
30年ぶりに開催された富士では実に色々なことが起きました。
その一つがこの写真。気合いを入れて取った1コーナー席。

見事に走行ラインもコーナーの飛び込みも見えません。 仮設部分の客席勾配を設計ミスしたのでしょうけれど
席についたときはがっかりしたものです...

道路陥没によるバスの足止めも、新松田駅からのバスだったので
もっとも影響を受けました。
雨の中、草むらや土の上で
立ったまま最初の1時間はまったく1歩も動かず。
その間何が起きているのかまったくアナウンスも無し。
不安の募る中どんどん暗くなってくる...
そして、並びはじめて4時間後(!)の夜9時頃やっと
バスに乗れたわけです。そこから新松田の仮設バスターミナルまで1時間ほど。
そこから駅まで歩いて20分。4時に出たのに家に帰り着いたのは
11時半でした...。

翌日、決勝日は余裕をみて早めに家を出ました。
それで、ショップを観たりオープニングセレモニーをみたりしようと
思っていたわけです。
バスに乗るところまでは順調。これはゆっくり出来そうだと思ったのですが
サーキットの2キロ手前ぐらいからバスが止まり
そのまま、まったく動かなくなりました。
このままでは、決勝スタートに間に合わない...というわけで
みなバスを降りて歩き始めました。
結構な坂道、迫る時間、寒さ対策で厚着をしているので汗が噴き出し..

報道されている内容によると、決勝スタートに間に合わなかった人は85人、ということですが
実は何千、何万(?)という観客がこうして歩いていたわけです。
そもそもは、マイカー渋滞を起こさないためのバス輸送ですが
今後の開催に課題を残した結果になったことでしょう。

スタンドには、ゆとりで到着、の予定が席に着いたときは既にスタート3分前。
雨に濡れながら冷汗をかきました。

帰りは、早めに席を立ったこともあり1時間半ほどでバスに乗れました。
それで、「幸せ」を感じてしまうのだから面白い・笑

しかし、あれだけの状況にもかかわらず、切れてしまうとか
文句をいうとか、そういう人の少なかったのは凄いことだと思いました。
モータースポーツを愛する人々の純粋さかも知れません。

世界一の技術、世界一のドライバーがある時、ある場所に、集まる。
それを共有すると言うことの意味や、そこから生まれる
人々のエネルギーを感じた週末でした。

ECLIPSE2007/10/03 11:59

自宅で使っているECLIPSEというスピーカーの
インタビュー記事が掲載されました。
スピーカーを起点にしたインタビューですが、
倉持さんの深い「つっこみ」に
思わぬ話題の拡がりをみたインタビューとなりました。
是非ご覧下さい。

記事はこちらです

写真は「大井の家」です。
HPに1枚だけ竣工写真を載せていましたが
残りの写真もアップしました。

その間にやり遂げられたこと2007/10/06 21:21

昨日は、芦原信孝氏の講演を聴きに
日本建築家協会(JIA)に行きました。

信孝氏は故・芦原義信先生の甥、芦原太郎氏の「いとこ」ということになります。
司会進行は芦原太郎氏でした。

早くから渡米し40年。
マンハッタンに摩天楼を実現されています。
ずいぶん前、芦原建築設計研究所に在籍していた時に
来日されているタイミングで所内レクチャーをして下さったことがありました。
その時から、昨日までの間に沢山のプロジェクトを実現されていて
時の流れと、その間にやり遂げられたことを考えていました。

長年のアメリカでの経験から
日本の基準法に関する問題についても
独自の視点で意見を持たれていて、大変興味深く伺いました。

ファーンズワース邸2007/10/09 13:57

先週末、モダンリビングが発売になりました。
「響きのかたち」、今回のテーマはミース・ファン・デル・ローエ設計の
「ファーンズワース邸」です。

拙著「サイドウェイ」ではページの関係もあり
触れることが出来なかったミースですが
実は、なかなか<読み解きにくい>と感じていたのも
「サイドウェイ」では取り上げなかった理由の一つです。

今回、ファーンズワース邸を取り上げるにあたり
また改めて少し勉強しました。
連載の文字数で入れられることはごく一部ですが
(それゆえに伝わることも多々あります)
沢山の資料を見ながら考えているうちに、自分にとっての
ミースがどんな場所を占めているのか・・・
少し掴めたように思います。

また、この号のP166-169には「黒箱-渋谷H」がタイルの事例空間として
掲載されています。
植物を持ち込んで新たに撮影された写真。
是非ご覧下さい。

お礼参り2007/10/13 07:48

ちょうど、一年半前。
拙著「サイドウェイ」をまとめるにあたって
突然な状況変化がありました。
結局、無事仕切り直して、昨年出版することが出来たのですが
その時、私は初めて芸の神様として名高い
天河大弁財天 に行きました。

「無事、著書が良いかたちで世に出ますように」と
朝7時前から始まる祈祷の時にお祈りをしていただいたわけです。

その「お礼参り」をしなくては・・・と
ずっと気になっていたのですが、思い立って行ってきました。
天河はかなりの奥地にあります。
新幹線・近鉄と乗り継ぎ、奈良駅前でレンタカーを借りて
ひたすら走ります。

早朝のお祈りが終わり、無事に本もご奉納させていただきました。

拝殿から外に出ると、小さな蛇が階段に。
何か、ちょっと嬉しくなる。
そして、直後に天気予報が外れ、雨が降り始めました。

偶然と言えば、偶然。
でも、何か意味があるのだろう・・・と
考えたくもなります。

「まちのみらいと建築家のしごと」2007/10/14 11:45

10/22 から 10/26 まで
外苑前の日本建築家協会(JIA)にて

「まちのみらいと建築家のしごと」
—映像と模型による「建築の公共性」—

という展示が行われます。

これは、6月末に
横浜のBankART Studo NYK にて短期間行われた展覧会

をベースに、出展建築家が若干入れ替わり再構成するものです。
模型とスライドショー、そして今回は
新たに撮影されたビデオ・インタビューも流されます。
(写真は横浜での展示風景です)

●25日の16:25〜18:40は当番担当ですので
 私も会場におります。

ご都合つきましたら是非、お寄り下さい。
-----------
10/22 から 10/26 まで
会場:日本建築家協会(JIA)
入場無料 12:00-21:00

建築家大会20072007/10/15 10:16

夕陽がさしこむ
ふと、最寄り駅から見えた光

雲間から夕陽が差し込む。
美しい瞬間というのは、アンテナをはっていると
日常の中でも発見できる...

今日から、東京駅と二重橋の間にある長いコンコース(行幸地下ギャラリー)で
「登録建築家展」が行われます。
日本建築家協会に登録している登録建築家がA2版のパネルを出しています。
私も出展しておりますが、果たして見つかるでしょうか...

これは、東京フォーラムで開催される「建築家大会2007」の一環として
行われます。
私が公開審査に臨む「建築家のあかりコンペ」もこの中で
審査が行われます。
公開プログラムは、一般の方や学生も無料で参加できます。

いよいよ2次審査2007/10/18 16:18

東京国際フォーラム
東京国際フォーラム

建築家大会2007が行われているので
行ってきました。

行幸地下ギャラリーの展示も確認
(新丸ビルの真下あたりです)

そして、いよいよ明日の朝10時から「建築家のあかりコンペ」の2次審査です。
今晩設営されて、明日の朝にはこのガラスホールの部分に
1次審査を通過した作品の試作が並ぶと言うことです。

何度かやりとりをしながら実際の素材でつくられた試作品が
やっと完成しました。

そのまま、土曜日まで展示されるそうなので
「FU・TA・RI」と名付けたブラケット照明
是非ご覧下さい。

緊張しつつも楽しい時間2007/10/20 08:09

「建築家のあかりコンペ」
昨日は朝から「建築家のあかりコンペ」 の2次審査でした。
東京国際フォーラムのアトリウムに、1次審査通過者の試作品が並びます。

他の入選作品を応募者が見るのも、昨日が初めて。
まったく違うアプローチをされている作品を見るのは面白いものでした。

ポスターセッション方式で行われた審査だったので
試作品(写真)とパネルの前で 審査員を待ち受けます。
審査員からの突っ込みも新鮮で、緊張しつつも楽しい時間でした。

大賞は逃しましたが
「モノづくり」に対して、自分がどう向き合っているのか?
ということも、考えさせられる時間となりました。

今日いっぱい、展示されています。是非ご覧下さい。

一年後の2007/10/24 14:47

緑の中でくつろげる場所

これは、一年前に竣工した「田園調布D」の庭です。
現在HPには竣工時に私が撮影した写真が掲載されていますが
家具が入り、生活が落ち着いたタイミングのほうが...ということで
これから竣工写真の撮影をするため、
今日の午前中、写真家の方と下見に行ってきました。

アート作品や、家具がハーモニーしつつ
家が「育っている」のを感じ取ります。

週末は保坂猛さん設計の住宅を拝見しました。
建具に重きをおいて、内外の境界を曖昧にしようとした意欲作でした。

※JIAのアーキテクツ・ギャラリーは金曜日まで開催されています。
明日は、私も会場におります(16:25〜18:40)。
是非お立ち寄り下さい。