本牧の家 上棟2007/11/01 13:24

本牧の家 上棟
本牧の家
昨日、上棟しました。
一気に空間が立ち上がる。

place to be2007/11/07 15:33

place to be
上原ひろみさんがテーマ曲を手掛けている
映画「オリヲン座からの招待状」 のサントラを買って
午前中、打合に行く車中ではじめて聴いていました。

とっても温かい気持ちになってきて

映画を見る前に、音楽から映像をイメージするのも面白い
と思いました。
その時ふと
自分の中で面白いアイディアが浮かびました。

では、映画を見る前に、音楽だけから
「空間」をイメージしてみたら....と。

それで、さっきカフェでランチをしていたときに
スケッチを一枚描いてみました。

----------

静かで、温かい時間を包む
天井の隙間から柔らかい光
突き当たりには、風で樹木が揺れている
共に過ごす、男女....

----------

室生山上公園 芸術の森2007/11/09 09:27

室生山上公園 芸術の森
すり鉢状に螺旋形を描いて地中に至るスロープ
渦巻き状に水が流れ
水面上には屋外劇場が並ぶ...

先月、室生寺に訪れた際
室生山上公園 芸術の森
に立ち寄りました。

実は、この公園、室生村出身である故・井上武吉の構想を引き継いで
ダニ・カラヴァンがデザインしたもの。
豊かな森を背景に、大きなスケールでの造形が展開されています。

イサム・ノグチのモエレ沼公園が、巨大スケールのなかで
人を様々に受け入れるような空気を持っているとすれば
ここにあるのは、もう少し静的というか
アートに対して様々な「読み込み」が出来るような空間です。
人のフィルターによって違って映るでしょうし
モダンアートを見慣れている人であれば、逆に飽きない空間なのではないでしょうか。

施設は、イベントに対しての貸し出しをしているそうです。
ここで、どんな音楽会やイベントが可能か?
アート空間との共演を見てみたいものです。

H.M.K2007/11/12 10:10

H.M.K
昨日は「H.M.K」のリハーサルでした。

ひょんなコトから、人前で演奏する機会を頂いて
それに向けて念願のギタートリオを結成。
大学時代からの仲間である米田吉宏(B)、眞弓文宏(Dr)と
本当に久しぶりに、ジャムセッションをしたのが、この夏のこと。
でも、この2人となら楽しくやれる...と
不思議な確信があり、短期間でオリジナル曲をセッションしながら
仕上げているところです。

なかなか時間を合わせるのが難しく、リハーサル回数は少ないのですが
昨日のリハーサルで「先」が見えてきました。

バンド名は単純に3人の頭文字なのですが
3つの力が合わさって初めて「音楽」になる感じが強いので
いいネーミングでは...と思っています。

生活空間として2007/11/15 16:19

田園調布D

火曜日に、「田園調布D」 の竣工写真撮影があり
立ち会いながら自分でも一眼デジカメで撮影をしていました。

引渡前に一度自分でスナップは撮りましたが
(HPに掲載しているのはその時のものです)
置き家具が入って落ち着かないと、生活空間としては伝わらない...
と言う判断から、プロの撮影は状況を見てと言うことになっていたのです。

1年ちょっと経過して、家が「育っている」のを感じます。
家具や美術品、樹木などが建築と対話しながら
住空間を彩っています。

プロの写真はまだこれから頂く予定ですが
整理中のデジカメ写真をここでは1枚掲載します。
是非、HPの写真と見比べてみてください。

体験したい空間2007/11/16 09:27

1課題目「ギャラリー」
月曜日は日本大学理工学部 海洋建築工学科 の2年生
後期1課題目「ギャラリー」の最終提出日でした。

比較的短期の課題で、煮詰めるのには時間的に厳しいものがありましたが
意欲的な学生の頑張りはなかなかのものでした。
各スタジオで優秀作2点を選び、全体講評会にかけます。
12作品ほどが講評会で発表、全講師の投票で教室保存作品5点が
選出されました。

廣部班からは2点双方とも教室保存になりました。
写真の左上:平井希恵 案 、右下:山崎淳史 案

双方とも自分自身にとって体験したい空間に挑んだ結果が
上手く昇華された作品です
引き続き、想定敷地となりの集合住宅の課題に入ります。

A-ARCH.BLDG2007/11/19 10:52

A-ARCH.BLDG
先週の木曜日、移転した芦原建築設計研究所の自社ビル
「A-ARCH.BLDG」
のお披露目に伺いました。

1階は芦原義信デジタルフォーラムとリンクしたラウンジ。
2階に資料室、最上階2層は芦原太郎さんのアトリエです。
中間階にも芦原事務所のOB事務所が入り、ビル全体で
A-ARCHITECTS.NETというネットワークを形成していくと言うことです。

こちらに記事があります

資料室で、懐かしい模型を発見。
銀座・ソニービルの模型。改修工事をするにあたって
建物の模型をまず作ることになったのですが、入所したての
私が1991年に作ったもの。とりあえずプレーンに...と白で作ったところ
ご覧になった芦原先生が「白くするのも良いなあ」といわれ
ルーバーを1本ずつ取り外しながら再塗装され今の外観になったのでした。

消えた行灯(あんどん)2007/11/23 22:18

キリンプラザ
所用があって、水木と大阪に行っていました。
初日の夕方、用事を済ませてから一人、寒空を歩きます。
淀屋橋から道頓堀まで建築マップ片手に、久々に訪れる建築や
最新の建築を巡ります。

道頓堀に着くと、もうキリンプラザが中には入れないようになっていました。
高松伸氏設計のこの建築は映画「ブラックレイン」でも強烈な存在感を
放っていましたが、その4本の塔(行灯)も消されていました。
これだけの建築を創ったのだから、何とか機能を入れ替えてでも
維持できないモノかとやはり思ってしまいます。

写真には一緒に月が写っています。

それから、何と幼稚園の同級生と食事をしました。
幼稚園まで大阪にいたのですが、長い間季節のお便りだけ
続いていて、気がついたら分野は違うけれども「頑張っている」ようなので
ゆっくり話してみたいと思っていたのです。
ジャンルは違うのに驚くほど仕事の「しかた」に共通点があることが分かり
あっという間に夜中に。いや、よく話しましたし
元気を貰いました。

翌日は昼過ぎの新幹線だったので、サントリー美術館や国立国際美術館など
建築を急ぎ足で見てきました。
大阪に行ったのはかなり久しぶりだったのですが
どこか懐かしくもある一日半でした。

同世代の貴重な...2007/11/26 20:26

ディーノのミニカー
金曜日は堀部安嗣さんの作品集出版記念パーティーに伺いました。

一つ年上の堀部さん。建築家として独立されたのは5年先輩です。
共感できるところも沢山ある反面、自分とは違う空間の質を求めている人だなぁとも思います。
同世代で作品が掲載されるとこっちも頑張ろう...と
勇気をもらえる貴重な建築家です。

写真は、ディーノのミニカーです。
実は本屋に寄ったときに、書籍として小冊子と一緒に並んでいて
購入してしまいました。

現在、難しい条件ながらこのディーノと共に暮らす住宅の設計を
進めているので、自分のデスクから見える場所に
こうして置いてあります。

8年ぶりのライブ2007/11/29 16:02

ギタートリオ
いよいよ、冬本番....を感じる冷え込みです。

昨晩は、ブルーノート東京に上原ひろみさんの公演を聴きに行ってきました。

本当にタイトでエネルギッシュな演奏でした。

長いツアーを経てきっと、バンドユニットは「進化」していくのですね。
昨年と比べても前に進んでいるのが分かり、元気を貰いました。

さて、そのあとに書くのもどうかと思いますが・笑
恐ろしいことに私の素人ギタートリオ「H.M.K」のライブが
いよいよ、今週土曜日 12/1に迫ってきました。
そもそも、クライアントからお誘いいただいたことから始まったもので
演奏出来る状況にするため、大学時代の仲間2人とユニットを結成しました。

8年前、「cube」というユニットでやったのは
写真のイメージから生まれる静かな音の世界でしたが
今回はドラム入りのトリオでの演奏。
結構ハードなものから比較的ゆるやかなものまで
「今どこまで出来るのか?」をめざして
夏の終わりから曲作りとアレンジを始めました。
セッションをしながら練ってきた曲は毎回リハーサルをやるたびに変わっていき、
まるで生き物のようです。

この3人が大学生の時にはじめて人前で演奏したのは、偶然にも
今回と同じ渋谷の「クロコダイル」でした。

12時まえにオープンして、4つのバンドがでます(15時半頃 終演予定)。
ジャンルは様々、恐らく他のバンドは歌が入ります。
チケットは¥2500(¥500分の飲食代つき)です。

バンドごとの割り当て枚数が少ないので
あと少し...ではありますが、まだチケットがあります。
ご興味がおありの方は、 こちらまでお知らせ下さい。