20年目の2008/02/01 10:17

建築小僧3人
正月に都内の建築巡りをする建築小僧3人

大学2年の時、大学のヨーロッパツアーに参加
その時、朝から晩まで一緒に建築を巡っていた2人とは
いまでも、年に1,2回、プチ建築巡りをしている。

建築への面白さに本当に目覚めた大学の旅行以来
今年で20年。
3人で記念に旅をしようと数年前から話していました。

行き先はバングラディッシュのダッカ
(ルイス・カーンの国会議事堂がある)
そして
インドのチャンディーガル
(コルビュジエの建築)

実は、来月頭の予定で大体のスケジュールなどを
決定したところで、問題が浮上。
現在、バングラディッシュの治安がどうやら
悪化している模様で
「渡航の是非を検討して下さい」という情報が外務省から出ている。

悩みどころです・・・

---追記----

結局、治安のことを考えてインド国内2都市に変更したわけですが
帰国してすぐの「情熱大陸」で山口絵理子さんの放送があった。
ダッカで<産業>をつくって雇用をつくり出すという
直接的に途上国支援をしようという
可愛らしい姿からは想像もつかないパワフルな人です。

街中の映像をみていても、大変だと思っていたインドより
車も少なく、あきらかに貧しくみえる。
緊張感も高そうだ。
映画「マイ・アーキテクト」でカーンの仕事が与えたインパクトを
語るシーンがあるけれど、その国のために
一人の人間がなしえたことの大きさは、たぶん
いつか訪れないと想像の域を出ないのだろうと思いました
(3/19 追記)

コメント

トラックバック